伊都郡かつらぎ町天野の里

歴史ロマンと信仰の里

かつらぎ町天野 貧女の一燈お照の墓
高野山の奥の院に
千年近くの間、光輝いている「貧女の一燈」と言われる
燈籠があります。お照という少女が、自分の髪を
売った金で養父母の菩提を弔うために献じた一燈です。

お照はその後、ここに庵を結び養父母の菩提を弔いつつ
生涯を終えたと伝えられています。

天和二年(1682年)妙春尼により供養塔が建てられ、
貞亨五年(1688年)
天野の郷供僧(さとぐそう)、
淨意が女人の苦しみを救うために、代受苦の行を
十年間勤め、ここに碑が建てられました。

かつらぎ町天野 貧女の一燈お照の墓
かつらぎ町天野 貧女の一燈お照の墓
かつらぎ町観光協会
 
院の墓
かつらぎ町天野 院の墓
院の墓と伝えられていますが、鳥羽天皇の皇后の
侍賢門院(たいけんもんいん)の墓ではなく、
院に仕えた中納言の局の墓と考えられます。

「山家集」には中納言の局が侍賢門院の喪に
服した後、京都の小倉の住まいを捨て
天野に移り住んだと記されており、久安五年
(1149年)の頃と推定されます。 

この地に庵を結び入寂した後、天野の里人が
葬ったのがこの墓といわれています。 ここのすぐ
下に西行堂があり、西行と関係の深かった中納言の
局が高野山への道、八町坂に面したここに
住まいを持ったのも当然といえます。
かつらぎ町天野 院の墓
かつらぎ町天野 院の墓
天野の史跡マップへもどる
天野の史跡マップへもどる

西行堂より八町坂を目指すと案内があり、

八町坂に通じる小道を歩くと

左手に院の墓があります

貧女の一燈 お照の墓
かつらぎ町天野 貧女一燈お照の墓
天野の史跡マップへもどる
Copyright (C) 2010 copyrights.katsuragi-kanko All Rights Reserved
・サイトポリシー
・HOME
かつらぎ町観光協会
 
平家打倒を企てた俊寛僧都の召使、有王は鹿ケ谷の
陰謀に破れて鬼界ケ島に流され、さみしく世を去った俊寛の
遺骨を治承三年(1179年)五月、高野山に納め
法師となって主の菩提を弔い、天野に住み生涯を
終えたといわれます。

俊寛の娘もまた、十二歳で天野の別所で尼となったと
「源平盛衰記」に記されています。




  「有王は俊寛僧都の遺骨を頸(くび)にかけ、
    高野へ上り奥の院に納めつつ 
      蓮華谷(れんげだに)にて法師となり
        諸国七道修行して、主の後世をぞ弔ひける。」
かつらぎ町天野 院の墓
貧女の一燈物語は
こちらから
有王丸の墓
かつらぎ町天野 貧女の一燈お照の墓
かつらぎ町今むかし話
かつらぎ町天野 貧女の一燈お照の墓
かつらぎ町天野 有王丸の墓